うえけんの株式投資おぼえ書き

低PER銘柄への投資による着実な資産形成を目指します。

銘柄評価基準

新たな投資対象銘柄を監視化に置くための評価基準として以下のとおり定める。

一 業績(必須)

評価項目点数係数満点
今期の通期見通しに対して業績の上振れが期待できる2点24点
今期の通期見通しに対して業績の上振れが一定程度期待できる1点22点
今期の通期見通しどおりまたはそれ以下の業績である0点20点

二 割安性(必須)

評価項目点数係数満点
会社予想における今期予想PERが11倍未満である2点24点
会社四季報予想における今期予想PERが10倍未満である 1点22点
上記のいずれにも該当しない0点20点

三 情報発信力(必須)

評価項目点数係数満点
IRにおいて株主に対する有益な情報提供に積極的な姿勢が見られる2点12点
IRにおいて株主に対する有益な情報提供に消極的である。0点10点

四 ファンダメンタル
 
評価項目点数係数満点
業績面に対してプラスに左右する社会的基礎要件が存在する2点12点
業績面に対してプラスに左右する社会的基礎要件が存在しない0点10点

五 財務状態の健全性

評価項目点数係数満点
保有する現預金が有利子負債を上回り、時価総額の半分以上を占めている2点24点
保有する現預金が有利子負債を上回るが、時価総額の半分以下である1点22点
保有する現預金が有利子負債を下回っている。0点20点

◆投資判断
必須条件を満たし、かつ配点7点以上の銘柄を投資対象銘柄とする。
点数の多い銘柄を優先して投資するか否かの検討を行う。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ


過去のタラレバを繰り返すのも未練たらしいので詳しく書くのはやめますけど、自分の銘柄選定って本当に甘ちゃんだと思っているわけですよ。

どうしようかなあ、買おうかなあなんて迷っていると、じぇじぇじぇという感じで上昇する銘柄も散見されましたし(一応、あまちゃんにかけてるのですよ、そうですよね、つまんないですよね)。

なので、過去の反省をもとに個別銘柄に投資するかどうかの判断を下すための「銘柄選定評価基準」を策定し、これを順守することで銘柄選別の精度を向上させたいと考えたわけです。

基準の策定にあたっては、できるだけシンプルであり、かつ数値で判断できることを重視したいと思っています。

銘柄選定評価基準

基準1 業績の順調度
基準2 割安性
基準3 情報発信力
基準4 ファンダメンタル
基準5 財務状態の健全性

以上5項目です(優先順)。

たった5項目でシンプルすぎる印象もありますが、これまで自分が実践してきた手法でもあります。この5項目に着目しながらより効果的な選定基準の確立に向けてブラッシュアップしたいと思います。


サラリーマン投資家 ブログランキングへ




↑このページのトップヘ