うえけんの株式投資おぼえ書き

低PER銘柄への投資による着実な資産形成を目指します。

極東証券

(売り)
 KIMOTO(売切り)
 極東証券(売切り)

 今日は3月決算銘柄の権利取り最終日でしたけど、存外に株価は伸びなかったようです。新興市場も一時はプラス圏に届きながらも最後は失速。いかにも上値がおもたい感じ丸出しでした。優待クロスとかいろいろお得なことがありそうですが、逆比歩とか考えるのめんどくさいし、特に何も動かなかったです。

 わがPFは、前日比+0.41%、年初来+3.88%と厳しい状態が続いています。

 今日の売買はKIMOTOと極東証券を売切り。3月権利取りまでに売却する予定で投資した両銘柄ですが、株価の方は全くパッとせずで、痺れをきらして売却した感じ。結果的に少額ながら損切りという形になりました。なかなかうまくいかないもんですねえ。

 このところの売却で保有銘柄は10銘柄とかなりすっきりしました。また、CPは30%を超え、下落相場になってもまあ耐えられる水準まで到達です。逆に、大きな値上がり幅は期待できそうにもないですが、個人的には2,3週間は軟調な地合いが続くと予想しているので、慌てず騒がず大きく構えていきたいと思います。


サラリーマン投資家 ブログランキングへ


(買い)
 ダイト(新規買い)
 極東証券(買い増し)
 KIMOTO(新規買い)
(売り)
 ヒラノテクシード(売切り)

 今日の日本株は先週末に引き続き堅調でした。わがPFは先週末決算発表したヒラノテクシードの下落で含み益が大幅に溶けるだろうと懸念しましたが、意外にも前日比+0.5%に踏みとどまりました。もうちょっとで今月プラス圏ですが、今月は難しい月になりそうなので予断は許さない状況と考えます。

 最近は売買しない日が一日もない状態ですが、あくせく売買しているわけではなく少しずつPFを入れ替えている結果。だらだら買い、だらだら売りながら今日もPFの見直し継続中です。

 前述のヒラノテクシードは寄りですべて放出。見込みが外れたら株価に関わらず成行で、というのがマイルール。売却した資金で、ダイトとKIMOTOを新規買い。

 ダイトは1月初旬に発表された2Qが好調。以降、株価も堅調に推移していましたが、昨今の調整で下落。ここ数日間上昇していますが、営業利益ベースで連続増収、予想PER9倍程度、PBR1倍と割安。リスクとなりそうな増資も昨年実施済みと見て指値がヒットしておりました。5月の権利落ちに向けて頑張ってほしいところ。

 KIMOTOは決算発表でサプライズがなかったためか大幅に下落したまま堅調な相場でも株価は沈んだまま。今期は大幅増収で予想PERは10倍台。地合いが戻ればという期待で少々買いました。極東証券は日経平均がさらに一段高した場合の保険のようなもの。つなぎで買っただけなので地合いによってはすぐ売却するかもしれません。全体として今日は若干買い越しとなりました。

 詳細は後日書きますけど、自分の銘柄選定の悪さに辟易してしまいます。もちろん、今となってはタラレバですが、次回はこのような悪態をつかないように猛省してリベンジしたいと思っています。



サラリーマン投資家 ブログランキングへ



(買い)
 極東証券(買戻し)
(売り)
 黒田電気(売切り)
 アサックス(売切り)

 株価もやっと落ち着いてきた感じですが、昨年の急落した6月以降の値動きを見ると当面は軟調に推移するのでは、と。昨日に続いて売り越しとなりました。

 黒田電気とアサックスはようやく売切り。今後の値動きに備えCPを増やした感じ。できた資金で極東証券を買戻し。証券セクターならなんでもよかったのですが、高配当銘柄でもありますし、権利落ちに向けて下値は限定的ではないか、という考え。CPは44.27%まで上昇しました。

 今後の戦略ですが、引き続きCPをやや高めに設定して警戒感を強めつつ、決算の内容を見極めながらPFの入れ替えを継続していく予定。


サラリーマン投資家 ブログランキングへ


↑このページのトップヘ