うえけんの株式投資おぼえ書き

低PER銘柄への投資による着実な資産形成を目指します。

アサックス

(買い)
 極東証券(買戻し)
(売り)
 黒田電気(売切り)
 アサックス(売切り)

 株価もやっと落ち着いてきた感じですが、昨年の急落した6月以降の値動きを見ると当面は軟調に推移するのでは、と。昨日に続いて売り越しとなりました。

 黒田電気とアサックスはようやく売切り。今後の値動きに備えCPを増やした感じ。できた資金で極東証券を買戻し。証券セクターならなんでもよかったのですが、高配当銘柄でもありますし、権利落ちに向けて下値は限定的ではないか、という考え。CPは44.27%まで上昇しました。

 今後の戦略ですが、引き続きCPをやや高めに設定して警戒感を強めつつ、決算の内容を見極めながらPFの入れ替えを継続していく予定。


サラリーマン投資家 ブログランキングへ


(買い)
第一カッター工業(新規買い)
(売り)
アサックス(一部売り)
カワニシHD(売り切り)

今日の株は前場調子が良かったものの、終わってみればマイナス。やはりというか想像以上に軟調ですね。わがPFも例外なく打撃を受けましたよ。

ただ、運が良かったのか昨日決算発表があったアサックスを寄りでほとんど売却したので被害も最小限ですみました。カワニシHDは、今日で全て売り切り。

できた資金で第一カッター工業を買いました。買った理由は…今出先なので思い出せませんがとにかく低PER銘柄ですっ。ただ、結果的にはタイミングがちょっと早かったかもしれません。下がれば少しずつ買い増しの予定。

3月決算の3Qが続々と発表される中、軟調な地合い。今後の戦略をどうするかゆっくり考えたいと思います。
今月は特にこの2週間は激動でした。みんなのパフォーマンスはどうなってるんでしょうかねー。わたしは今晩仕事で徹夜してからそのままウインズに行くので、集計は明日の夜ぐらいになりそうです。


(買い)
 ミタチ(新規買い)
 カワニシHD(買い増し)
 アサックス(買い増し)
(売り)
 札幌臨床検査センター(一部売り)
 オーハシテクニカ(売切り)

 昨日は午後会社がお休みだったのでザラ場を見れていたのですけど、想像以上に戻りが鈍かったですね。特に引け際なんて後味の悪い終わり方でしたよ。当面はこんな感じで軟調な地合いが続くかもしれません。

 わがPFは、売買しすぎて前日比パフォーマンスは不能ですが、年初来+5.0%となっています。相変わらず平々凡々な上昇率ですが、日経平均は-8%、トピックスは-6%、JQ指数は+0.2%ぐらいですからまあ良しというところでしょうか。

 大きく相場が動いているのでわがPFも少しずつ入れ替えを行いました。

 カワニシHDは昨日中間期の上方修正を発表。しかし株価は大きく下落(涙)。上方修正したアイオーデータやアトムリビンテックやサイバーネットは大きく値を上げているのにこのザマはなんだーと指値を入れてたらあっさり約定してしまいました(驚)
 まあ、下期は診療報酬など価格引き下げリスクもあるようですが、コストダウンによる業績上振れですし、3Qに向けてもう少し評価されてもよいのではなかろうかという妄想です。

 ミタチ産業は11月の上方修正以降株価は堅調でしたが、先週末から下げてきたのでこのあたりで打診買い。IRでは営業外収益が増益要因とありますが、2Qでは原価率も大きく改善されているし、本業の方も好調ではないかと。まあ、この業界は業績のブレが大きいのでリスクは高そうですが、主力銘柄である三ツ知(ミツチ)と名前も似ているし?頑張ってほしいところ。アサックスは連日大きく下げているので今週末の決算期待で買い増ししました。

 売りの方は札幌臨床検査センターを一部売却。オーハシテクニカを売切り。最近連日買っているのでCPを増やすのが狙い。ただ、昨日の値動きなど見ると思い切った方針に切り替える必要があるかな、と。今月も残り3日間ですが、まだまだ波乱がありそうな予感がします。


サラリーマン投資家 ブログランキングへ


(買い)
 ヒラノテクシード(新規買い)
 アサックス(買い戻し)
(売り)
 ピックルス(売り切り)
 グリーンクロス(売り切り)

 今日の日本株は全体的に上がったみたいですけど、わがPFはさっぱりでした。家に帰って計算してみないと分かりませんがたぶんマイナスでしょうな。

 場中とか見てると相場はやや不安定な印象ですので昨日に引き続き少しずつ動いています。

 ヒラノテクシードは新規買い。とにかく今年の業績は大幅増益。すでに通期上方修正済みですが、まだまだ保守的で再増額を期待して打診買い。

 アサックスは買い戻し。中間決算は悪くない内容でしたが、株価は下落。以降、様子見しつつ指値を出していましたが今日指値がヒットしてました。

 いろいろ買えたのでピックルスとグリーンクロスは売り切り。PER面では割安な水準ですが、あまり保有株の手を広げたくないこと、決算発表というイベントが終了したことから売却となりました。

 銘柄入れ替え時はどうしてもパフォーマンスが悪くなりがちです。12月の目標達成も重要ですが、これはあくまでも中間地点。動きたいときには来年に向けての仕込みを継続していきたいと思っています。




(買い)
 ヒラノテクシード(買い増し)
 ビケンテクノ(買い増し)
 アサックス(買い増し)
(売り)
 UCS(売切り)

 今日はなんだか分からんのですが、かなりあげましたですな。これまでは日経平均ばかり上昇して、TOPIXやJQ指数などは軟調でしたから、やっと資金が少々流れてきたのかなあとちょっとだけホッとしています。ただ、これまでの急騰によって意味不明な急落ということもありうるわけなので引き続き警戒感は強めていく必要があると思っています。

 売買のほうはUCSは売切り。3Qの内容が想定どおりの決算であったことから利確。まあ、損はしなかったけど、あまり儲かりませんでしたね。

 売却してできた資金を活用して、この数日間軟調だったヒラノテクシードとビケンテクノとアサックスといった銘柄を買い増ししています。一気買いは極力避け、こまめに買い増しているのは自分なりのリスク管理の一環。まあ、これがどこまでパフォーマンスに寄与するかは不明ですが、持ち株の買い付け単価を意識的に下げる、というよりはCPの増減幅を調整することで魅力的な株価まで下がってきた銘柄を買えるように資金を確保することが目的です。

 今年もあと1日で終わり。最後の最後まで強い地合いに助けられたような気がしますが、最終日も今日に引き続き堅調な値動きであってほしいなあと思います。




2689 (株)カワニシホールディングス
【決算】6月
【減 益】ライフサイエンス黒字浮上。主力の医療器材は手術消耗品、循環器が底堅いが、設備・備品は前期の病院予算前倒し執行の反動大きい。営業強化で人件費増。営業益反落だが会社計画堅め。東電から福島子会社への賠償金関連特益見込まず。
【予想EPS】99.8円
【前期2Q】1月31日

3439 (株)三ツ知 [金属製品]
【決算】6月
【復 配】国内は自動車生産台数減で主力のシート部品が伸び悩む。だが北米は円安効果と現地生産化進み採算好転。タイは水害の生産調整や在庫圧縮が終わり黒字化。減価償却増こなし営業増益。30円に復配。
【予想EPS】118.6円
【前期2Q】1月31日

4734 (株)ビーイング[情報・通信業]
【決算】3月
【増 額】主力の土木積算システムは新バージョンへの移行が上期中心に想定超。加えて水道・電気工事向けCADソフトも中小事業者向けに堅調推移。太陽光見積もりサイト含め販促広告費かさむが、前期の米国販社解散で経費圧縮。営業増益幅拡大。
【予想EPS】29.2円
【前期3Q】2月1日

8249 (株)テクノアソシエ [卸売業]
【決算】3月
【増益幅拡大】前期立ち上げたスマホ向けタッチパネルが伸長。納入先のモデルが想定超に好調で前半に出荷膨らむ。歩留まり改善も寄与。太陽光発電パネル設置用部材も拡大。自動車部品が順調。電機・電子関連減少しても営業益上振れ余地。連続増配。
【予想EPS】108.9円※10月30日上方修正
【前期3Q】1月31日

7313 テイ・エス テック [輸送用機器]
【決算】3月
【増 額】主力のホンダ向け4輪シートは北米向け好調持続、アジア向け拡大。中国は底入れ、国内も下期軸に新車向け増。会社計画1ドル90円前提。円安で海外利益カサ上げ想定超。採用など費用は想定より小。営業増益幅拡大。最高純益、連続増配。
【予想EPS】308.8円※10月29日上方修正
【前期3Q】1月31日

8423 アクリーティブ [その他金融業]
【決算】3月
【横ばい】医療・介護事業者向け債権買い取り会社買収で利益1億円弱上乗せ。需要一巡したパチスロ機メーカーからの買い取り減補う。ただ、タイ新事業など経費先行し営業益は踊り場。税務上繰損抱え税軽い。
【予想EPS】21458円
【前期3Q】1月31日(無)

5857 アサヒホールディングス[非鉄金属]
【決算】3月
【数量順調】採算重視の取引先絞り込み等で減収。ただ主力の金リサイクルはデンタルや電子関連からの回収処理量が順調。環境保全も伸びる。第1四半期の金価格が想定を上回る。金国際価格の下落基調前提に下期減速を織り込んでも営業増益幅拡大。
【予想EPS】165.2円※7月25日上方修正
【前期3Q】2月1日

7517 黒田電気[卸売業]
【決算】3月
【続 伸】中小型液晶向け部材なお数量増。新たに大型液晶関連も上乗せ。フレームや機構部品などスマホ部品も大幅伸長で牽引。前期買収した海外製造子会社が貢献し自動車向けも増加。会社計画は海外子会社1ドル86円前提で保守的。営業益続伸。増配。
【予想EPS】149.1円
【前期3Q】1月31日

7906 ヨネックス[その他製品]
【決算】3月
【復 調】ゴルフは石川遼選手との契約終了受けウエア中心に大幅減。ただ主力のバドミントンが国内外で快走、テニスも堅調。円安で仕入れ原価上昇だが、五輪なく、選手契約金も軽減。営業益復調。為替差益ない。
【予想EPS】43.7円※10月31日上方修正
【前期3Q】2月6日

6826 本多通信工業[電気機器]
【決算】3月
【横ばい】バックカメラなど車載用が数量増。通信インフラ向けも復調。ただ市場急減速のデジカメ用が減少。円安は追い風ながら、好採算のFAなど産機向け回復鈍い。中国労賃高騰も足かせ。営業益横ばい程度。
【予想EPS】45.6円
【前期3Q】1月28日

9870 (株)ハナテン [小売業]
【決算】3月
【上振れ】新規出店2(前期3)。小型車や軽自動車中心に主力の中古車販売好調が想定超える勢い。上期中心に発生する拠点立ち上げ費用や店舗改装費用こなし営業益横ばい圏まで増額。税負担軽い。増配余地。
【予想EPS】110.0円
【前期3Q】2月5日

9776 札幌臨床検査センター[サービス業]
【決算】3月
【小幅増額】薬局は前期出店の通期化に加え、5月新ひだか、8月小樽築港など今期の新店計画達成に向け順調。検査も自動化や組織変更による人員効率改善で採算向上。消費増税前の駆け込み需要で機器販売も漸増。会社計画より増益幅拡大。増配か。
【予想EPS】128.2円
【前期3Q】2月8日

8772 (株)アサックス[その他金融業]
【決算】3月
【好 転】出足思わぬ減少と苦戦だが金利優遇キャンペーン実施等で巻き返して新規貸出は増加。競争激化に伴う利回り低下続くが、貸出残高増効果で補う。期中回収の増加に伴い解約違約金は想定外の増加。退職給付などの費用減もあり営業益底打つ。
【予想EPS】166.4円
【前期3Q】2月1日


うーん、地味すぎる銘柄ばかりだ。





(買い)
 オーハシテクニカ(買い増し)
 フージャース(買い戻し)
 グリーンクロス(新規買い)
(売り)
 アサックス(売り切り)

今日は日経平均は急騰していますね。わがPFは最近の調整にはほとんど無関係でしたから、波についていけず微増にとどまっています。まあ、欲張ってはいけないですよね。

中間期決算が次々に発表されますが、わかPFではアサックスが先週の決算発表がありました。中間期は見通しを超過して順調な内容でしたが、いったん全て売り切って撤退しました。色んなセクターに分散させる意味で金融セクターから選んで買ったのですが、買って以降あまり上昇する気配もなかったですし、うまくいかないだろうなあと思ったらいたのですが案の定損切りとなりました。慣れないセクターを無理に買うのはうまくいかないものですね、残念。

売った資金で先日買ったオーハシテクニカを買い増し、フージャースを買い戻し、グリーンクロスを新規買いしました。

フージャースは今期の業績は相当良さそうですのでここらで打診買い。不動産関係は来期は厳しそうですが、短期的には利幅が取れそうなので購入。ただ、あまりポジションをとることは考えていないので買い増してもあと一回ぐらいかなあとおもいます。

グリーンクロスは新規買い。貴重な4月決算銘柄で1Qも業績は順調です。同業社が業績を織り込んで株価が急騰する中、あまり株価が上がっていないので打診買い。福証銘柄で地味ということもあるのでしょうが、のんびりとホールドしたいと思っています。

あと3営業日となりました。今月は大きく儲かる気がしませんが、ボチボチ無難にいってもらいたいと思っています。




(買い)
 メディカルシステムネットワーク(買い増し)
 ダイオーズ(買い増し)
 デリカフーズ(買い増し)
 アサックス(買い増し)
 札幌臨床検査センター(買い増し)

 相変わらず米国の財政問題は解決の糸口が見えない状態ですが、共和党は自国の信用よりも党利党略を優先するつもりなんでしょうかねえ。おそらくアメリカ人もバカではないので自国を破滅の道をたどるとは考えにくいのですが、なにがどう転ぶか分からないのでしっかり注視しなければと思っています。

 個人的には楽観的な性格なので、まあデフォルトなんてないでしょ、という前提で基本的には現状保有株をちまちまと買い増しています。ただ、欲しい株はほかにも多々あり、保有株を売る気にもならないし、かといってフルポジにしたくもないし、あまり保有株を広げ過ぎたくもないし、信用取引なんてやる気もないし・・・いろんな悩みにさいなまれながら、深く考えていないという問題行動が続いております。

 10月に入ってからやや売り越し気味にPFを入れ替え続けてきましたが、今週は久々の買い越しとなりました。今月はだいぶやられとるわ、と思って計算したところ前月比で-0.5%程度に止まっていて、もっとうまく立ち回ればもっと取れてたかもしれないけれど自分にしては善戦してほうではないかと。

ただ、今月はとても厳しい月になりそう。今後の値動きによってはいろんな意味で決断を迫られる時期が来そうですので心の中でシミュレーションだけは準備しておこうと思っています。

(買い)
 デリカフーズ(買戻し)
 アサックス(買い増し)
(売り)
 もしもしホットライン(売切り)

 10月に入って日本株は軟調ですが、わがPFも初日こそ好スタートを切ったものの結局月次マイナスに甘んじております。今になって思えば急騰した時に売っとけばよかったなあと思うのですが、わざわざ割安だと思って買った銘柄が下落して安くなって売却するというのもどうも納得がいかなくて利が乗っている銘柄は継続保有しています。

 とは言え、ここまで軟調だと「これは買えってことなんでしょ?」というワケで欲しい銘柄を少しずつ買っております。

 デリカフーズは約半年ぶりの買戻し。優待新設などで株価は急騰していた時期もありましたが、今期減益予想は保守的と見て打診買い。アサックスは昨日・今日と急落していたので買い増し。

 さらなる下落も十分ありうるので、もしもしホットラインを売却。もともとこの買いは失敗したと思っていたのですが、結局は全て損切りという形になりました。今日も連日の売り越しでCPは増えました。

 PFの乗り換え時はパフォーマンスの悪い銘柄から切るようにしているのですが、どこまでパフォーマンスに寄与しているのかは良く分かりませんね。銘柄入れ替えの際はどうしても下落相場で行う傾向にあるので、この辺りが自分にとっての課題なのかなあと思ったりもします。




(買い)
 ダイオーズ(買戻し)
 メディカルシステムネットワーク(新規買い)
 日本空調(新規買い)
 アサックス(新規買い)
(売り)
 ソーバル(売切り)
 住友電設(売切り)

 10月に入って株価は軟調になってきました。まあ、9月は怖いくらい順調でしたから当然の反動かもしれません。今や米国財政問題のせいかもしれませんが、消費税増税による影響のほうが心配ですね。
 まあ、GDP成長率云々が株価にどの程度影響するかなんてことは分かるわけがないとして、どのような出口戦略をとるのかも今後検討すべき課題となりそうです。

 ただ、現時点では業績を重視した銘柄選定を行っているので、当面はこの方針を貫いていくだけ。この考え方を踏まえ、今月に入ってPFの入れ替えを継続しています。

 ダイオーズは久々の買戻し。優待権利落ちのせいか株価は調整中。ただ、今期の業績は順調そうですし、円安もプラスに働くであろうという想定。
 メディカルシステムネットワーク、日本空調、アサックスを新規買い。ただどれも打診買い程度ですので、今後の引き続き買い増しを狙っていきます。

 ソーバルは2Qの内容が今ひとつでしたので昨日寄りで成り売り。住友電設は地合いが悪く欲しい銘柄の株価が下がってきたことから乗り換え資金を確保する意味ですべてリカクしました。全体的には若干売り越しとなっています。

 今後ですが、現状はPFの乗り換え途中ですので保有株式と監視銘柄の比較を行い、優先順位を検討した上で、慎重な取引を継続していきたいと思っています。



↑このページのトップヘ