うえけんの株式投資おぼえ書き

低PER銘柄への投資による着実な資産形成を目指します。

回顧

最近、一日でも早くセミリタイアしたいなーと思う一方で、セミリタイアしたら残りの人生を浪費して暮らしそうなうえけんですこんばんは。

まあ、自己実現ってなんですかね、ということになるのですが、些細なことで頭を悩ましたり、自分を悩ましている事象が自己矛盾を引き起こしていることに気づくなど、まあ、自分も成長していないなあと思うわけです。

まあ、このようなことに苛まれないように日ごろから充実した日々とすることを心がけなければいけません。
うん、株のことばっかやってたらダメだな(笑)

ということで、週末パフォーマンスはこちら。

20160227_001

続きを読む

日経平均は今日も続落。前日比△760.78円(-4.84%)となりました。それにしてもこの下げっぷりはどこまで続くのでしょう?

チャイナショック、ドイツ銀行、米国金利・・・さまざまな不安要因がありますが、もっとも下げているのは日本株と原油だけ。いい加減にそろそろ下げ止まってくれないものか、という感じです。

今朝の寄りは監視銘柄の多くが「値がつかない」状態だったので、セリクラ状態かと思いますが、このまま下げ続けそうな雰囲気ぷんぷんでは手を出すのも臆してしまいますね。

ということで今週のパフォーマンスはこちら。

20160206_004
 続きを読む

昨晩は雇用統計ということで、ワタシも固唾をのんでPCモニタの前に陣取っていたわけですが、発表された数字は良いのか悪いのか判断着かず、といった中途半端な結果で、市場のほうも上下錯綜した印象があります。

まあ、雇用統計がどうあろうが、企業の価値に変わりはないのですが、これからもマイペースで自分の資産を守っていくことを最優先したいと思いますね。

ということで、最近守りの運用を心がけているわがPFの運用成績はこちらです。

20160206_004

続きを読む

おとといの日記で、次回の日記更新の時には15000円割れなんてあるかもと言っていたら、1営業日で大幅に丞して17000円台とは・・・日経平均も忙しいですねえ。

それにしてもこのボラティリティの高さは困ったものです(笑)

ワタシはと言えば、この間、自分なりに反省をし、次に生かそうと思いまして。時々出現する暴落相場・急落相場は自分に反省する機会も与えてくれるので、貴重な時間だと思ってプラスに解釈するしかないですね。

ということで、反省しても反省しても同じことをくりかえす、わがPFの週末パフォーマンスはこちらです。

20160123_006

続きを読む

昨晩の日経平均先物はCMEで-700円とまたまた急降下して17,000円台を割り込んでいますね!
なかなか今回の下げは厳しいものがありますが、このような場面を乗り越えてこその株式投資だと思いますのでつかず離れずといったスタンスで市場に居続けたいと思っています。

ということで今週のパフォーマンスはこちら。

20160112_002

 受験生もがんばろう!
 続きを読む

今週の下落のきっかけは北朝鮮の水爆実験だったと思うのですが、米国株の値動きなどを見ると世界経済面での不安も大きな要因のようです。

ということは長期的な下落相場も覚悟しなければならないわけで、世界経済とは影響がないと思われる銘柄選定をしていてもリスク資産を保有している以上は、株価下落も甘んじて受けるしかありません。

信念を貫くこととバランスが難しいのですが、PER面で安いからとか業績がいいからという理由で「こんな株価であるはずがない」とばかりにムキになって買い向かうのも却って危険なような気もします。

ということで新年早々あきらめ加減のわがPFはこちら。

20160108_002

続きを読む

今年ももう少しで終わり。今年は暦通り年末年始も休暇が取れそうなので、これをモチベーションにがんばろうと思っていますが、一方でモチベーションが上がらないのは株のほう。日本株はダラダラ低迷していて、株にもどうも力が入りませんね。

まあ、こういうときこそ力を出して株に集中することが市場を生き抜くことにつながると思いつつ、明日のウインズにそなているうえけんです。

そんな今年のパフォーマンスもあきらめ加減のわがPFの推移はコチラ。

20151106_005

 続きを読む

今年の年末はなぜか妙に忙しくて仕方がありません。仕事もそうですが、忘年会や麻雀などまあ個人的な楽しみも含めてなのですが、その分だけ株に割ける時間も少なくなっています。

これじゃあいかんな、と思いながらも今年も残り数営業日ですから、年明けまでは今のような状況で多方面に頑張るしかないかなあと思っています。

そんな週末パフォーマンスはこちら。

20151002_001

続きを読む

↑このページのトップヘ