うえけんの株式投資おぼえ書き

低PER銘柄への投資による着実な資産形成を目指します。

売買履歴

(買い)
 フージャース(買い増し)
 オーハシテクニカ(買い増し)
 札幌臨床検査センター(買い増し)
(売り)
 コムシスHD(売切り)
 デリカフーズ(売切り)

三連休だらだら過ごしていながら、明日から仕事かーやだなーと思っているところに職場から呼び出しの電話・・・徹夜覚悟だったわりには中途半端な時間に終わりやがって、ブラックコーヒー飲み過ぎで眼が冴えすぎて困っとります。ということで、ブログを更新。

最近(というか金曜日)の売買ですが、売りはコムシスHDとデリカフーズ。コムシスHDは中間期上方修正+増配の影響でしょうか株価は比較的底堅かったのですが、全て売切りました。もともと日経225連動銘柄としての位置づけだったのですが、相場全体が軟調そうですし、この時点で安くなった銘柄を拾えるようにCPを確保することが目的。ちょっとタイミングが早すぎたかもしれませんが、えいやーと売却。
デリカフーズも先日中間期上方修正を発表・・・の割にはあまり株価は反応せず。ここは優待族の投資家にも人気だし、値上がらないのなら早めに売っちゃえーと売り切り。こういう銘柄で勝負しちゃあダメかも、と少々反省です。

買いの方は、以前から引き続きまんべんなく保有銘柄の買い増し。

買い増している保有銘柄は、それなりの業績が期待できると思っているのですが、ある知り合いでテクニカル中心の株を勝っている人がいて、その人から推奨銘柄を教えてもらったのですが、自分としてはファンダメンタル的に「なにがそんなにいいの?」という印象を持ちました。
テクニカルを否定するわけではなく、今後の上がりそうなセクターでもないし、魅力的な事業内容でもないからです。彼らは業績は二の次で株価の値動き(リズム)だけを頼りに売買を繰り返しているわけですから、事業内容については知る必要もないのでしょう。

バリュー投資・ファンダメンタル投資としては好業績・低PERというのが大きな柱ですが、これらを満たしていない、たとえば下方修正した銘柄だって前年同期比減額の銘柄だって一定期間を経て、何事もなかったように上昇することはザラにあるわけです。逆に好業績・低PERの優良銘柄だって下げるときは下がるわけです。

ファンダメンタル重視といいながらも実は我々の目に見えているのはほんの一握りの情報なわけで何を要因に上昇するのかという理由は必ずしも明確とは言い切れません。そういう意味でテクニカル分析というのも興味津々なのであります。

とりあえず彼が示した2銘柄(ここでは書けませんが)を監視銘柄に登録して今後の推移を見守っていきたいと思います。




(買い)
 オーハシテクニカ(買い増し)
(売り)
 エスクリ(売切り)
 日本フェンオール(一部売り)
 デリカフーズ(一部売り)

 今日はガンホーショックだったらしいですねえ。四半期決算売上高前年同期比9.9倍なんてすんごい数字だと思うのですが株価はストップ安ですし、UMLファーマは中間期赤字幅拡大でもPTSで上昇していますし、何がどうなって株価が形成されているのよくわかりません。

 もともとゲーム関連とかバイオ関連とか良く分からないので日ごろの株価チェックさえもおざなりにしている状態ですが、こうしたことがきっかけで新興市場全体から資金が流出するなんてことも十分考えられるのでちょっと注意が必要かと。

 そういう警戒感を感じたわけではないのですが、昨日今日で少々売り越しました。

 エスクリ、デリカフーズはともに中間期上方修正。上方修正発表時点で売りと考えていたので、噴いたエスクリは月曜日のPTSと昨日中にすべて売切り。デリカフーズは株価がほとんどあがらず、今の地合いはホールドするほうがリスクが高そうなので一部だけうりました。日本フェンオールはCPを高めるための売り。買いは引き続きオーハシテクニカを買い増しています。

 いろいろと新規の投資先を探しているのですが、なかなか買いたい銘柄が見つからない状態。いったん利確してある程度資金を回収する予定なので、投資先がないということだと来月は売買の無いタイクツな月になるかもしれません。

(買い)
 オーハシテクニカ(買い増し)
 フージャース(買い戻し)
 グリーンクロス(新規買い)
(売り)
 アサックス(売り切り)

今日は日経平均は急騰していますね。わがPFは最近の調整にはほとんど無関係でしたから、波についていけず微増にとどまっています。まあ、欲張ってはいけないですよね。

中間期決算が次々に発表されますが、わかPFではアサックスが先週の決算発表がありました。中間期は見通しを超過して順調な内容でしたが、いったん全て売り切って撤退しました。色んなセクターに分散させる意味で金融セクターから選んで買ったのですが、買って以降あまり上昇する気配もなかったですし、うまくいかないだろうなあと思ったらいたのですが案の定損切りとなりました。慣れないセクターを無理に買うのはうまくいかないものですね、残念。

売った資金で先日買ったオーハシテクニカを買い増し、フージャースを買い戻し、グリーンクロスを新規買いしました。

フージャースは今期の業績は相当良さそうですのでここらで打診買い。不動産関係は来期は厳しそうですが、短期的には利幅が取れそうなので購入。ただ、あまりポジションをとることは考えていないので買い増してもあと一回ぐらいかなあとおもいます。

グリーンクロスは新規買い。貴重な4月決算銘柄で1Qも業績は順調です。同業社が業績を織り込んで株価が急騰する中、あまり株価が上がっていないので打診買い。福証銘柄で地味ということもあるのでしょうが、のんびりとホールドしたいと思っています。

あと3営業日となりました。今月は大きく儲かる気がしませんが、ボチボチ無難にいってもらいたいと思っています。




(買い)
 札幌臨床検査(買い増し)
 日本空調(買い増し)
 オーハシテクニカ(新規買い)
(売り)
 日本フェンオール(一部売却)

日経平均•トピックスともにこのところダダ下がりですけど、理由はなんなんですかねえ。アナリストも理由作りが大変なんじゃないでしょうか(笑)

日経平均•トピックスとは違い、新興市場はやけに堅調ですが、おかげで我がPFも安泰な状態です。ただ、このような時ほど警戒しなければと思っているので引き続き相場の動きに注視したいところです。

売買のほうは日本フェンオールの一部売り。株価上昇によりポジションがやや大きくなってきたため一部利確しました。買いは最近下げてた持ち株のうち日本空調と札幌臨床検査センターを買い増しています。オーハシテクニカは新規買い。中間期見通しは非開示ですが、今期の業績は順調そうですし、想定為替レートも保守的なので打診買いしました。全体としてはやや買い越しとなっています。

これから中間決算発表という大イベントが目白押しですが、自分なりの方針は決まっているので、着々と行動にうつして行きたいと思っています。


(買い)
 メディカルシステムネットワーク(買い増し)
 ダイオーズ(買い増し)
 デリカフーズ(買い増し)
 アサックス(買い増し)
 札幌臨床検査センター(買い増し)

 相変わらず米国の財政問題は解決の糸口が見えない状態ですが、共和党は自国の信用よりも党利党略を優先するつもりなんでしょうかねえ。おそらくアメリカ人もバカではないので自国を破滅の道をたどるとは考えにくいのですが、なにがどう転ぶか分からないのでしっかり注視しなければと思っています。

 個人的には楽観的な性格なので、まあデフォルトなんてないでしょ、という前提で基本的には現状保有株をちまちまと買い増しています。ただ、欲しい株はほかにも多々あり、保有株を売る気にもならないし、かといってフルポジにしたくもないし、あまり保有株を広げ過ぎたくもないし、信用取引なんてやる気もないし・・・いろんな悩みにさいなまれながら、深く考えていないという問題行動が続いております。

 10月に入ってからやや売り越し気味にPFを入れ替え続けてきましたが、今週は久々の買い越しとなりました。今月はだいぶやられとるわ、と思って計算したところ前月比で-0.5%程度に止まっていて、もっとうまく立ち回ればもっと取れてたかもしれないけれど自分にしては善戦してほうではないかと。

ただ、今月はとても厳しい月になりそう。今後の値動きによってはいろんな意味で決断を迫られる時期が来そうですので心の中でシミュレーションだけは準備しておこうと思っています。

(買い)
 デリカフーズ(買戻し)
 アサックス(買い増し)
(売り)
 もしもしホットライン(売切り)

 10月に入って日本株は軟調ですが、わがPFも初日こそ好スタートを切ったものの結局月次マイナスに甘んじております。今になって思えば急騰した時に売っとけばよかったなあと思うのですが、わざわざ割安だと思って買った銘柄が下落して安くなって売却するというのもどうも納得がいかなくて利が乗っている銘柄は継続保有しています。

 とは言え、ここまで軟調だと「これは買えってことなんでしょ?」というワケで欲しい銘柄を少しずつ買っております。

 デリカフーズは約半年ぶりの買戻し。優待新設などで株価は急騰していた時期もありましたが、今期減益予想は保守的と見て打診買い。アサックスは昨日・今日と急落していたので買い増し。

 さらなる下落も十分ありうるので、もしもしホットラインを売却。もともとこの買いは失敗したと思っていたのですが、結局は全て損切りという形になりました。今日も連日の売り越しでCPは増えました。

 PFの乗り換え時はパフォーマンスの悪い銘柄から切るようにしているのですが、どこまでパフォーマンスに寄与しているのかは良く分かりませんね。銘柄入れ替えの際はどうしても下落相場で行う傾向にあるので、この辺りが自分にとっての課題なのかなあと思ったりもします。




(買い)
 ダイオーズ(買戻し)
 メディカルシステムネットワーク(新規買い)
 日本空調(新規買い)
 アサックス(新規買い)
(売り)
 ソーバル(売切り)
 住友電設(売切り)

 10月に入って株価は軟調になってきました。まあ、9月は怖いくらい順調でしたから当然の反動かもしれません。今や米国財政問題のせいかもしれませんが、消費税増税による影響のほうが心配ですね。
 まあ、GDP成長率云々が株価にどの程度影響するかなんてことは分かるわけがないとして、どのような出口戦略をとるのかも今後検討すべき課題となりそうです。

 ただ、現時点では業績を重視した銘柄選定を行っているので、当面はこの方針を貫いていくだけ。この考え方を踏まえ、今月に入ってPFの入れ替えを継続しています。

 ダイオーズは久々の買戻し。優待権利落ちのせいか株価は調整中。ただ、今期の業績は順調そうですし、円安もプラスに働くであろうという想定。
 メディカルシステムネットワーク、日本空調、アサックスを新規買い。ただどれも打診買い程度ですので、今後の引き続き買い増しを狙っていきます。

 ソーバルは2Qの内容が今ひとつでしたので昨日寄りで成り売り。住友電設は地合いが悪く欲しい銘柄の株価が下がってきたことから乗り換え資金を確保する意味ですべてリカクしました。全体的には若干売り越しとなっています。

 今後ですが、現状はPFの乗り換え途中ですので保有株式と監視銘柄の比較を行い、優先順位を検討した上で、慎重な取引を継続していきたいと思っています。



↑このページのトップヘ