日本株は英国EU離脱前の水準に戻ってきたようで、NYダウも最高値を一時更新するなど、一気に株高の気配で包まれています。この数日の間に、円安が進行するなど昨今の値動きはかなりのボラティリティを伴って日々変動しています。

市場における悲壮感は数日間のうちに消え失せ、市場が熱狂につつまれていく様子をイヤというほど見てきました。短期的な値動きにとらわれることなく、自信をもって相場と対峙していくことがいかに大事か、ということを改めて痛感させられました。

「我々は単に、他の人々が貪欲になったときには慎重に注意して、他の人々が怖がっているときには貪欲になることです。 」
ウォーレン=バフェット

20160710_007
 
(買い)
 情報企画(買い増し)
 オーエムツーネットワーク(買い増し)
 キャリアリンク(新規買い)
(売り)
 CDS(売り切り)

 今週の売買ですが、CDSを売り切って先週から購入し始めた銘柄を買い増ししました。CDSは三菱自動車不正の影響について承知で購入したのですが、会社四季報の記事を始め、業績にグレーの部分を感じたことや、他に魅力的な銘柄が少し出てきたので、この数日間の上昇でもって売り切ってしまいました。

 新規銘柄はキャリアリンク。ファンダメンタル的には昨年から注目してきた銘柄でしたが、昨年は人件費等の先行投資など不透明感があって見送った銘柄。今期は1Qも数字も優秀で、マイナンバー関係・給付金関係のほか、総合コールセンター業務などの自治体向けBPOの流れも見込まれることから今年度に入って新規買いとしました。

 昨今の銘柄入れ替えは、内需に偏り過ぎた感もあり、日経平均が急騰している中でもあまり恩恵のないPFになってしまいました。今後の経済対策期待など様々な思惑が市場を飛び交うことになりそうですが、この波にうまく乗っていけるように頑張っていきたいと思います。