昨日の株価暴落はすごかったですねー。特に先々週にはもう少しで年初来プラス近辺まで戻していただけに二重でショックなのであります。ここまで戻すのに約半年かかりましたから、また株価が戻すまで半年以上かかるのかと思うと嫌気がさして来ます。

しかもわがPFを見るとすべての銘柄で含み損状態に陥っていて、あーもう全部分投げてスッキリしたい、と思ってしまいます。

そんなわがPFの週末パフォーマンスは以下のとおりです。
20160624_002

前週比 -3.24%
年初来 -9.23%

今週もやられました。が、思ったよりも下落しておらず安心した、というのが正直なところです(マジな話)。
空売りをしないことを信条とする自分にとっては、こんなときは「世界中のほとんどが損をしているのに自分だけリスクを取りながら損を免れたいと思うのはわがままでしょ」と思うようにしています。

それにしても、このようなパフォーマンスの確認は大切ですね。下落幅や損失が大きすぎて株価ボードも見れない、という人はリスクを取り過ぎ、という証左ですので、ポジションを縮小するなり、精神的に強くなるようにするなどなんらかの工夫や努力が必要なのだと思います。

個人的には、このような下落があったときには自分なりの反省を書きなぐるとよいのではないか、と思います。ストレス解消にもなりますし、なにより同じような場面に遭遇したときの心の持ち方を再確認することができます。

さしづめワタシの場合は、暴落中にこんなことを書いてました。

関連記事
個人投資家が株価暴落を乗り越えるための3つの方法(あるがままの君と僕を) 
日経平均が崩壊中?そんな中ストレスを感じない投資法とは?(あるがままの君と僕を)
日経平均の底値は?過去の値動きに見る投資タイミングを考える(あるがままの君と僕を)

今回の自分なりの反省としては、サイバーネットを始めそこそこ損切りしたのですが、低PERだから、というあいまいな理由で売りタイミングが遅れたことがとても悔やまれるところです。具体的には正栄食品工業とかなんですけど、自分なりにミスを繰り返して成長しないなーと呆れ気味であります。

株価急落については再度反省文を書くとして、今日はこれから旅行なので、心身ともにリフレッシュして週明けから頑張りたいと思います。

こうした下落があってこそ、私たちに思わぬ利益を与えてくれるチャンスです。そのためには現実に眼を向けて、たゆまぬ努力が大切です。

個人投資家のみなさん、くじけずにがんばりましょう~