先週末から引き続き軟調な地合いとなり、いよいよリスク資産からの回避が始まったのでしょうか。


しかし、よく言われる「セリクラ」というほどの下げ具合とまでは言えないでしょうね。これまでの記憶でいうと「セリクラ」とは・・・

・ワタシの監視銘柄のほとんどが取引が寄らず、ほぼ「特売り」状態となる。
・株価ボードを見るたびに監視銘柄のほとんどがみるみるうちに下落する「投げ売り」状態となる。
・そして、ワタシ個人として「恐怖感」を感じる。

なので、セリクラとまでは言える状態ではないです。ただ、セリクラを見越しての資金温存も株価が反転してチャンスを逃すことになるし、調子に乗って買い向かえばセリクラ時に資金が尽きることになり・・・

判断が難しいのですが、ただ、言えることは株価が急落すると早めの利確が正解だったなあという後悔と株価が急落すると一生懸命仕事をしようという気持ちが強くなる点。うむ、成長してないですね。

そんなわがPFの売買履歴はこちら。

20160112_001

(買い)
 平河ヒューテック(買い増し)
 第一カッター興業(買い増し)
(売り)
 岡県運送(一部売り)
 ジェイコムHD(売り切り)

上方修正+増配+優待新設で急騰したジェイコムHDは売り切り。この地合いの悪い中、上昇はありがたかったです。また、主力の岡県運送を一部売却して、平河ヒューテックを第一カッター興業を買い増しました。ほかにもSHINPOとかBS11とか指値注文出してましたけど、慌てる必要もなさそうなので少しずつキャッシュをためつつ新しい銘柄に移行中です。

平河ヒューテックは偶然にも株式分割をプレスリリースしていて明日の値動きが楽しみですが、さすがにこの地合いでは難しいかもしれないですね・・・・

トレーディングの上手いヒトは空売りも活用しつつリスクヘッジするのでしょうが、平凡なワタシは小細工はできないので無謀にも「買い」だけで乗り切ろうかと。

日本株が軟調になればなるほど日記の更新頻度も上がるので、明日も下がるようであればブログ更新予定です(笑)
個人投資家のみなさん、がんばりましょう~。