うえけんファンド月次-2.49%年次+24.99%
 高配当ファンド月次-1.44%年次+8.89%
 日経平均株価月次-3.75%年次+9.07%
 TOPIX月次-2.13%年次+9.93%
 ジャスダック指数月次-0.45%年次+10.07%

【売買履歴】
なし

【感想】
 今月は米国の金利上昇を受け、波乱含みの展開となりました。日経平均株価は年末にかけて戻したものの、一時は18000円台まで下落するなどやや軟調に推移しました。
 このような中、わがうえけんファンドは監視銘柄を増やし、新たなPFに加えるべく市場と対峙しましたが、希望株価までの下落が見込めなかったため、今月の売買はゼロとなりました。しかしながら総じて軟調だった軟調な市場には逆らうことができず、前月比-2.49%、年初来+24.99%となるなど不本意な成績に終わりました。
【今後の方針】
 今年も昨年に引き続き目標である年初来+20%を超えることができましたが、一時は年途中で見通しを上方修正した年初来+30%にもう少しで手が届きそうだっただけに、年末にかけて残念なイメージが強く残る年となりました。
 来年の目標は後日記載する予定ですが、株を始めとしたリスク資産への投資活動がやや冷え込んでいるように思える印象です。来年も引き続き、欲張らずに謙虚に取り組んでいく所存です。

20160101_003