(買い)
 藤井産業(新規買い)
(売り)
 メディカルシステムネットワーク(一部売り)
 札幌臨床検査センター(売切り)

 いやいや、2月しょっぱなからヒドい仕打ちですわ。新興の下落はもうちょっと後かなあと思っていたところにこれですからねー。日経平均は-1.98%、TOPIXは-1.99%、東証2部指数は-2.32%、JQ指数は-4.45%、マザーズ指数は-8.25%・・・。わがPFには東証1部銘柄でも新興市場と連れ安なんてのが多いのでおかげでマイナススタート、前月比-1.41%でした。各インデックスよりは下落率が低いのですが、安心している場合ではありません。インデックス以上の成績を収めることよりも自分資産を増やすことが主たる目的なのですから。

ということで2月は売り越しスタートとなりました。先週の金曜日決算発表があったメディカルシテムネットワークを少々売却。札幌臨床検査センターは3Q前までに売っておこうと思ったので軟調な地合いの中、利確優先の売りです。CPは45%程度まで高まってきました。

買いは藤井産業の指値がヒットしていましたが、この急落局面で積極的に買わなくてもいいか、と思って後場の指値は全てキャンセルとしました。

値動きが一方通行となりやすい新興市場だけに明日以降も安易な買いは注意したいところ。昨年6月の下落に比べたらまだまだ序の口でしょう。買いたい銘柄については指値に妥協しないなど、当面は警戒感を忘れずに相場と対峙したいと考えています。