最近発表された四半期発表をもとに気になる銘柄をピックアップすることとしました。

ID-100268369
image:FreeDigitalPhotos.net.

4619  日本特殊塗料     [化学]
【URL】http://www.nttoryo.co.jp/
【決算】3月
【反 落】自動車関連は制振材など国内が伸び鈍化も輸出増加し向上。ただ塗料は建築向けが消費増税前駆け込み増の反動で低下。マンション大型改修工事もなくなる。営業益反落。持分法利益減少。記念配廃止。
【海 外】中国・武漢での自動車関連第2工場は14年末に建屋が完成、15年春頃に本格操業予定。米国合弁のメキシコも増設検討か。インドネシア合弁は増設に慎重。
【予想EPS】76.9円
【前期2Q】11月6日★
【配当金】中間4円、期末6円

7284   盟和産業   [輸送用機器]
【URL】http://www.meiwasangyo.co.jp/
【決算】3月
【足踏み】住設用資材は床材等が伸びる。主力の自動車部品は中国が受注増え好調。米国も後半から本格寄与。ただ、国内は増税後の反動減で採算低下。歩留まり向上による生産効率化や外注費抑制進めても、営業益足踏み。営業外の為替差益見込まず。
【海 外】米国のトランク内装品工場は9月以降の量産化に向け、営業体制拡充。タイ工場はフロアマット加工が1月本格稼働。
【予想EPS】13.4円
【前期2Q】11月8日★
【配当金】中間1.5円、期末1.5円

6042  ニッキ  [輸送用機器]
【URL】http://www.nikkinet.co.jp/
【決算】3月
【反転増】自動車用気化器は国内、海外とも縮小続く。だが、主力の芝刈り機向け汎用機器は北米向けが好調。トラック用燃料噴射システムも中国やASEAN向けに好伸に加えて、豪州向けも漸増傾向。インド工場の本格稼働も貢献し、営業益反転増。
【海外戦略】需要高まる新興国向け廉価製品などCNG車用の開発に集中投下。コスト削減のため国内外の仕入れ拠点見直し。
【予想EPS】56.5円
【前期2Q】10月31日★
【配当金】期末8円

2152   幼児活動研究会   [サービス業]
【URL】http://www.youji.co.jp/
【決算】3月
【最高益】コンサルティング横ばい程度。収益柱の正課体育指導の契約園は前期並みの純増26園。課外会員数は前期比4・9%増の5万7000人。採用拡大に伴う費用増が一巡し、営業益反転増。最高純益更新。
【模 索】営業は体験体育指導増やし契約率向上狙う。系列園の開設認可は数年先の公算。決まれば寄付金約2億円で純益下振れ。隔年の積極採用で営業益は上下傾向。
【予想EPS】76.7円
【前期2Q】10月31日
【配当金】期末7円

6157   日進工具  [機械]
【URL】http://www.ns-tool.com/
【決算】3月
【着 実】国内や中国で顧客の生産活発、主力の小径エンドミルは自動車向けに着実増。スマホ・タブレット部品加工用も堅調。下期に見本市出展費かさむが、好採算品の割合増で吸収し営業増益。普通60円配も。
【体質強化】付加価値高いCBN・PCD工具の拡販に本腰、13年度比1・5倍の売上が目標。工具用プラ容器手掛ける子会社は社長自ら提案営業、14年度に黒字化へ。
【予想EPS】230.3円
【前期2Q】10月31日★
【配当金】期末60円

1417  ミライト・ホールディングス   [建設業]
【URL】http://www.mirait.co.jp/
【決算】3月
【続 伸】主力のNTT光回線工事は減少。LTE工事は旺盛なモバイルのプラチナバンド工事一巡で後退。が、太陽光や設備工事に加え教育関連、クラウドなどICT分野の受注が増勢。施工体制見直し効果と間接費等コスト削減も効く。営業益続伸。
【中 計】3年後売上高3100億円、営業益170億円。NTT以外の設備工事やICT比率引き上げ、人員シフトが課題。
【予想EPS】102.0円
【前期2Q】11月7日★
【配当金】中間10円、期末10円

8154   加賀電子     [卸売業]
【URL】http://www.taxan.co.jp/
【決算】3月
【堅 調】上期は消費増税後の反動減から伸び鈍る。が、下期は国内電子部品が携帯端末、車載、アミューズメント向け好調取り戻す。中国中心のEMSも伸長。情報機器不採算事業は前期撤退済み、営業益堅調。
【海 外】EMS拠点は中国中心にタイ、マレーシアに拡大済みだが、インドネシア、フィリピンなどへも展開検討。国内子会社の再編統合続行し、新規分野や販路開拓。
【予想EPS】141.6円
【前期2Q】10月31日★
【配当金】中間15円、期末15円

6518   三相電機   [電気機器]
【URL】http://www.sanso-elec.co.jp/
【決算】3月
【復 調】工作機械向けモーターは底堅い。高効率モーターの更新需要も期央から拡大。住宅設備用はリフォーム需要を取り込む。中国子会社も現地日系企業向けに好伸、販価見直しも効き採算向上。輸入材料コスト増は生産効率化で補う。営業益復調。
【製 品】マイクロバブル発生装置を浴槽や殺菌等洗浄用途で提案。省エネ・高効率モーターは法規制による置き換え需要狙う。
【予想EPS】36.6円
【前期2Q】10月31日★
【配当金】期末5円


サラリーマン投資家 ブログランキングへ