最近発表された四半期発表をもとに気になる銘柄をピックアップすることとしました。

ID-100268369
image:FreeDigitalPhotos.net.

9029   ヒガシトゥエンティワン [陸運業]
【URL】http://www.e-higashi.co.jp/
【決算】3月
【大幅減益】運送は反動減こなし新規荷主獲得で伸びる。運賃値上げも効く。商品販売は減るが倉庫微増。ただ、好採算の大型運送取引が一巡。燃油費高、外注費増加わり、大幅営業減益。株売却特益見込まず。
【社長直轄】組織効率化のため、業務統括本部を廃止し、各営業本部を社長直轄に。福祉用具レンタル体制強化。ビル内デリバリーの拡充軸に企業移転獲得につなげる。
【予想EPS】53.9円
【前期2Q】10月29日*
【配当金】中間0円、期末17円

4973   日本高純度化学 [化学]
【URL】http://www.netjpc.com/
【決算】3月
【続 落】車載や医療機器向けは着実増。ただ牽引役の高機能スマホ用が前期終盤に顧客都合で受注減に見舞われ、上期も尾を引く。薄膜向け新製品を下期投入しても、厚膜向け従来品の減退を補えず。役員報酬・賞与などの経費削るが、営業連続減益。
【開 拓】安価なニッケル活用したスマホ基板薄膜向け金メッキ品を中国メーカーに拡販。コネクター向けは未開拓の車載狙う。
【予想EPS】101.33円
【前期2Q】10月25日
【配当金】中間40円、期末40円

3778   さくらインターネット [情報・通信業]
【URL】http://www.sakura.ad.jp/
【決算】3月
【低 調】仮想サーバーは顧客需要への柔軟対応を武器に拡大持続。だが、首都圏の競争激しく、ハウジングの利益率低下。石狩データセンター2号棟稼働に伴う償却費増。人件費などの負担も重い。営業減益。
【創 業】IT関連投資のKLab Venturesと提携、創業から顧客支援し囲い込み図る。複数サービスを簡便に活用できる環境を整備、顧客利便性向上に力。
【予想EPS】38.03円
【前期2Q】10月25日
【配当金】中間0円、期末5円

6676   メルコホールディングス  [電気機器]
【URL】http://melco-hd.jp/
【決算】3月
【コスト圧縮】海外子会社決算期正常化で41億円減収。PC周辺機器は前期XP特需の反動減、ストレージ事業の一部撤退響く。ただ海外の不採算拠点縮小、開発費圧縮、前期の在庫評価損も一巡。営業大幅増益。
【世 襲】健康不安理由に創業者の牧誠社長は会長に、33歳の長男寛之氏が新社長就任。経営ノウハウ継承急ぐ。新事業としてヘルスケア用のIT機器分野に進出方針。
【予想EPS】157.56円
【前期2Q】10月21日
【配当金】中間20円、期末20円

9991   ジェコス   [卸売業]
【URL】http://www.gecoss.co.jp/
【決算】3月
【増 配】首都圏、東北震災復興など建設需要旺盛。仮設鋼材はリース、販売とも好調続く。リース単価改善、稼働率上昇。建機レンタルも拡大。営業・工事部門再編や一括受注拡大などで効率化進め、最高純益。
【新工法】H形鋼に代えて角形鋼管を使った『コラム切梁システム』を開発。作業空間を増やし施工性を向上、工費は約2割削減を実現。仮設橋梁で横河工事と連携強化。
【予想EPS】96.1円
【前期2Q】10月29日*
【配当金】中間5円、期末7円

6297   鉱研工業  [機械]
【URL】http://www.koken-boring.co.jp/
【決算】3月
【採算悪化】中国向け特注機好調。国内は震災復興やインフラ補修で投資活況続き、掘削機販売が後半にかけ伸びる。工事施工も受注残豊富だが、低採算案件比率が増加。研究開発費、人件費膨らみ、営業減益に。
【育 成】機械本体の海外売上高比率は15年度34%が目標(13年度23%)、大手ゼネコンやレンタル会社に照準絞り営業攻勢。国内では需要増す地中熱専用機の品目拡充。
【予想EPS】24.5円
【前期2Q】10月28日
【配当金】中間0円、期末0円

6373   大同工業    [機械]
【URL】http://www.did-daido.co.jp/
【決算】3月
【足踏み】柱の2輪用チェーンはアジア伸長、融資規制によるブラジル苦戦を補う。4輪用は米国が増勢牽引。が、インドと米国の工場稼働で先行費用かさむ。円安効果も一服。営業益高原だが後退。記念配落とす。
【インド】2輪用チェーン工場8月稼働、現地日系メーカー向け軸に納品。メーカーの海外生産シフトで競争激化、エンジン内チェーンなど現地調達不可の製品で攻勢。
【予想EPS】25.5円
【前期2Q】11月8日
【配当金】中間0円、期末5円

7298   八千代工業   [輸送用機器]
【URL】http://www.yachiyo-ind.co.jp/
【決算】3月
【反 落】軽自動車組み立ては落ち込み続く。主力の自動車部品も2輪向けが反落するうえ、4輪向けも国内足回り部品や米国プレス部品が減少。タンクやルーフ着実増でも補えず。研究開発費の増加もあり営業減益。減損損失なく純益横ばい。減配。
【売 却】米のホンダ向け車体プレス部品事業を売却、タンクやルーフに集中。ホンダの新型軽スポーツカーの組み立て受託。
【予想EPS】45.8円
【前期2Q】10月30日
【配当金】中間10円、期末10円

6826   本多通信工業   [電気機器]
【決算】3月
【URL】http://www.htk-jp.com/
【横ばい圏】システム構築部門はサーバー仮想化需要で堅調。柱のコネクターは車載カメラ用が米国軸に数量拡大続く。顧客設備投資の復調で産機向けも上向く。ただ、新製品開発費や、設備償却など費用負担重い。営業益横ばい圏。本社屋売却特益ない。
【新製品】4K映像など大容量データ用にプラスチック光ファイバーを開発中。車載カメラ用コネクターはデジタル対応急ぐ。
【予想EPS】62.2円
【前期2Q】10月28日*
【配当金】中間0円、期末12円

全体的に四季報評価が低い銘柄ばかりになったのは結果論です。ひととおり決算内容は良さそうなので、四季報の記事がいかに信用できないか、ということも分かるかと思います。


サラリーマン投資家 ブログランキングへ